サウナ愛100%【楽天地スパ】

(引用元:http://www.rakutenchi.co.jp/spa/raku_spa/

 

【サウナの種類】:2
【温泉の種類】:2
【露天施設の有無】:無し
【レストランの有無】:有り
【アクセス】:東京メトロ半蔵門線駅2版出口直結、JR錦糸町南口徒歩1分
【HP】:http://www.rakutenchi.co.jp/spa/raku_spa/
【宿泊可否】可(個別の部屋ではなく休憩スペースでの就寝)
【採点】※各5点満点、合計30点満点
———-
サウナクオリティ&水風呂クオリティ:4点
休憩スペースクオリティ:3点
アメニティ:4点
コストパフォーマンス:2点
アクセス:5点
サウナ愛:5点
———-
合計:23点(77%)

ここは何を隠そう僕がサウナと出会い、サウナへの愛が本物になった場所です。

数多くのサウナを経験した今なお、ここは僕の中でのスタンダートとなっています。

1. アクセス&概要

まずアクセスはJR錦糸町駅or半蔵門線錦糸町駅から徒歩数分。

東京楽天地ビルの9階に位置しています。

楽天地ビルは三つの館に分かれていて、本館のみからのアクセスとなるのでご注意を。

ちなみに楽天スパは残念ながら男性専用となっています・・・。

受け付けを終えたらロッカーへ向かい、衣服を脱いだらレッツゴーです!

2. 浴場

洗い場は入口付近と奥の二か所に多数あり、週末の混んでいる時でも待ったことはありません。

アカスリ、髭剃り等も用意されていて、ボディーソープ、シャンプー、リンス完備でアメニティ面はバッチシ。

あと髭剃り用のフォームと洗顔料もあります。

個人的に珠に瑕なのがこの洗顔料でちょっと嫌な臭いがします・・・。

それはさて置き、温泉は「天然温泉」と「高濃度人工炭酸泉」の二種類があり、ざっと、アツい方とぬるめの方という二種類で私は使い分けています。

天然温泉は濁ったお湯でホッコリとします。

高濃度人工炭酸泉は炭酸が抜けないようにあえてぬるい温度に設定してあるとのことです。

3. サウナ

さて本題のサウナ(これが書きたくて仕方ない)!

ポナサームサウナとよもぎスチームサウナの二種類がありましてメインのポナサームサウナについて説明します。

このサウナは設定温度が80℃〜90℃あたりなのですが体感的に暑めで、しっかりと汗を流せます。

久々のサウナでここにくると若干きつく感じるぐらい。

湿度に関しては個人的にドンピシャなところでちょうどいいです。

スペースも広めで二段あり雑誌では最大40人定員とのこと。

そして注意点が一つ、ドアから向かって正面のエリア=テレビに向かって右側の端はドアが開くと外の風が入ってくるエリアです。

初心者にはいいかもしれませんが、ガッツリいきたい人にとっては時々冷たい風が入るので避けた方がいいかもしれません。

そしてここの最大の特徴はロウリュウの回数で日中毎時間一回ずつ、最大15回行われてます!

まだサウナに通い初めだったころ、この感覚で他のサウナに入ったところ多くても3,4回でビックリしたことを覚えています。

スタッフも経験が豊富なのかバシバシとやってくれます。ありがたき幸せ。

4. 水風呂

そして水風呂は深く、広さもある程度あり、温度も18℃付近でここも個人的な感覚にバッチシです(まあここでスタートしたサウナ人生なので自然とここがスタンダートになっているんですが・・・)。

水も綺麗で嫌な臭いを感じたことはありません。

頭まで入る人も見かけますが、汗を流してから入る人も多いですし、循環もよいのかもしれません。

サウナ間の休憩は浴槽の端に腰を掛けたり、洗い場のイスに座ったり、後は窓際にベンチが三つがあります。

後は脱衣所に扇風機があるので、そこで体を冷ましたりします。

5. 混み具合

僕は利用のほとんどが週末なのですが、やはり週末は混みます。

サウナの入場を待ったことはありませんが、座る場所を自由に選ぶことは難しいです。

またタイミングによって水風呂は待つこともあります。

とはいっても楽しむことに支障が出るほどではなく、「混んでるなー」と思うぐらいで、譲り合う気持ちや、ワガママな振る舞いをしなければ問題ありません。

ただロウリュウは間違いなく満席になるのと、ロウリュウ終了後は水風呂がいっぱいになります。

なので僕は基本的にロウリュウのタイミングは避けて、ロウリュウに入る場合、多くの人がロウリュウ終了と共に外に出るので、そこから更に2,3分待ってから出ます。
(ロウリュウ自体が大体7.8分なので、ロウリュウ込で11-12分入るイメージです)

また会員になると年に数回、誕生日の月、年末年始、あと何か思い出せませんが・・・のタイミングで割引券や無料券が郵送され、とてもお得です!

6. 休憩ゾーン&レストラン

休憩ゾーンは3箇所あって、テレビ付きのリクライニングソファーゾーンが二つと、仮眠室が一つ。

なかなかの確立でデカいイビキ声で寝ている人がいるので、極上空間とは言い難いですが、ボケーっとするにはイイ感じです。

それとレストランも気軽に入れる感じでビール飲むにはもってこいです。

7. まとめ

最後にロケーションとコストの兼ね合いについてですが、正直割高感は否めません。

温泉2種類、ドライサウナ1種類、スチームサウナ1種類、水風呂1種類で2,100円ですからね・・・。

ぶっちゃけ地方に行けばこの半値でこのクオリティのスーパー銭湯があります。
(ここほどサウナは広くないけど)

ただ錦糸町という土地・ロケーションと、半蔵門線と直結というアクセスからするとしょうがないですね。

ただそのコストの分だけ安定した満足感が得られる施設であることは間違いなしです!

僕のホームグラウンドとしてこれからも利用させて頂きますし、サウナ経験が少なくて「ちゃんとしたサウナとはどんなもんなんや」という人、あるいは行ったことがなければ上級者にも、どんな人もお勧めできるサウナです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

サウナ男子ケヴィン。
24歳の春にサウナと出逢い、翌年2015年11月に自身のサウナサイト”Forever Sauna”をオープン。
2016年1月には「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格を取得。
サウナの魅力を広めるべく、自身のサイトを中心にサウナ活動を行っています。