スーパー銭湯やっぱりいいよね【北浦和 湯屋敷孝楽】

【サウナの種類】:1
【温泉の種類】:6
【露天施設の有無】:有り
【レストランの有無】:有り
【価格】:700円(土日)
【アクセス】:JR京浜東北線 北浦和駅 東口より徒歩7分(http://www.yuyashiki.com/contents/access/)
【HP】:http://www.yuyashiki.com/
【採点】
※各5点満点、合計30点満点
———-
サウナクオリティ&水風呂クオリティ:3点
休憩スペースクオリティ:3点
アメニティ:3点
コストパフォーマンス:5点
アクセス:3点
サウナ愛:4点
———-
合計:21点(70%)

僕が最近力を入れているスーパー銭湯巡り。

前々から気になっていたのが北浦和の孝楽。

駅から徒歩圏内なので北浦和での用事と合わせていってきました。

1. アクセス&概要

日曜日の10時頃に北浦和駅に到着。

ホームページで紹介されている道のりに従い歩く事7分程。

ちなみにホームページに道のりを書いてもらえるのってメッチャ有り難いですよね。

すると突如、湯屋敷が出てきます。

テンションが上がる。

ホームページの雰囲気が七福の湯に似ていたので、同じ系列なのかなと思っていましたが、入店するとはんとなーく違いが分かります。

こちらの方が割とこじんまりとしていて、華やかさは七福の湯程ありませんが、こちらの方が落ち着くとも言えるかもしれません。

発券式なので券売機で券を買い、レンタルタオルを受け取り(その後一日用事があり濡れたタオルを持ち運びたくなかったので)、中へ。

レストランを抜け、廊下から浴場へ。いい感じです。

2. 浴場

浴場へ入ると七福の湯のコンパクト版という感じです。(そもそも七福の湯に行った事が無い方にはすみませんが・・・)

洗い場は15個くらいですかね。

炭酸風呂やジェットバス、ノーマル風呂、露天風呂、寝湯、釡湯というラインアップです。

どれも気持ち良かったですが個人的にヒットだったのが寝湯。

これが初めてのパターンで、僕が今まで出会ってきた物との最大の違いは寝湯専用の建物があって、洞窟の様な作りで暗くなっておりまして、そこに5人ほど寝る様な作りになってます。

これが気持ちよかったです。

3. サウナ

さて、本題のサウナですがまず広いです。

これまた七福の湯と比べると七福の湯の1.5倍の広さはあると思います。

ここなら窮屈な感じにはならなさそうです。

しかーし広いのですが香りや熱の質感はイマイチ。

ってのも熱源がヒーター式みたいなんです。

アレ見ちゃうと僕みたいな青二才からすると「あーこれ天然じゃないからじゃん」と思ってしまうのですが、汗の流れる気持ち良さは少々ポイント低めでした。

後は僕がいつも楽しみにしているサウナの香りもイマイチでした。

これって木の材質なんですかね、それともシーツの交換頻度?

いずれにせよ深呼吸する度にリラックス、という感じではなかったです。

4. 水風呂

そして水風呂!

僕が行った時はミント水風呂たるものをやっていまして、興奮度マックスへ入水!

しかし!

ぬるい!

温度計は17℃代だったんですが、あれは17℃じゃないですね、きっと。

多分温度計の設置位置がおかしいとか、そんな感じのはず。

とりあえず体感的には18℃以上は有りそうな感じ。

広さもあまりなくて、四人ギリギリはいれるかなぐらいです。

5. 外気浴~レストラン

でもここは外気浴スペースがいい感じです。

イスが5つほど外に並んでいて、天気がよかったのでメッチャ気持ち良かったです。

この日は時間の都合もあり3セッション程で上がり、レストランへ。

味噌カツ丼とお蕎麦のセットを頂きました!

やっぱスパ、スーパー銭湯のレストランには外れは無いですね。

File 5-24-16, 10 12 35 PM

 

6. まとめ

そんな感じであーだこーだ文句言いながらも楽しませて頂きました。

近所にこれがあったら超最高ですね。

ですが電車を乗り継いていく価値があるかと言うと微妙なところです。

でも安いですからね。

人によってはこのコストパフォーマンスを求めていくのもアリかもしれません。

それにしてもスーパー銭湯とは本当に奥深い世界ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA