関東で南国リゾート気分を味わおう!【鳩山荘 松庵】

週末や三連休。

いつも近場に出かけるけど、誕生日や記念日はちょっと特別な雰囲気で楽しみたい。

とは言っても海外に行くのはお金が掛かるし・・・

沖縄も素敵だけど、飛行機となるとハードルが高いし・・・

そんなあなたにオススメなのが、関東随一のリゾート地である千葉県館山市

日常の喧噪でクタクタの心に、澄んだ海はジワーと染みますし

館山駅の西口から見えるヤシの木や、海を見渡したら、女子はワクワクすること間違いなし。

ということで僕が訪れた館山の旅館「鳩山荘 松庵」を紹介します。

【ご予約はこちらまで】

1: 「鳩山荘 松庵」について

screen-shot-2016-11-14-at-7-40-31-pm

「鳩山荘 松庵」は名の通り元内閣総理大臣の鳩山一郎氏と関係があります。

というのもこの旅館は元々、鳩山一郎氏の別荘だったとのこと。

その別荘が後に館山市に寄贈され、立て直しの後に最終的に現在の民営旅館の形でオープンしたようです。

2: アクセス

館山駅からバスで15分ほど。

僕はタイミングが合わずタクシーで行きましたが、駅からは10分から15分程で到着しました。

3: ロビー

立派な門構えで、「旅行にきたぞー」という「旅行感」を味わえる事は間違いなし。

そして旅館に入るとこのロビーが迎えてくれます。

screen-shot-2016-11-14-at-7-46-06-pm

窓から海が眺められる、素敵な空間です

コーヒーや紅茶が無料で飲めますし、新聞や本をノンビリと読めそうな雰囲気でした。

4: お部屋

部屋の種類がいくつかあるのですが、僕が選んだのは「松庵モダン」

img_main1-1(引用元:http://www.hatoyamaso.com/room/img/hinoki/img_main1.jpg)

他にも

・鳩山クラシック

img_main1

(引用:http://www.hatoyamaso.com/room/img/standard/img_main1.jpg)

・和室

img_main1-1

引用:http://www.hatoyamaso.com/room/img/washitsu/img_main1.jpg

・風呂付和室

img_main1-2

引用:http://www.hatoyamaso.com/room/img/furotsuki/img_main1.jpg

というお部屋のラインナップ。

「松庵モダン」「鳩山クラシック」は両方とも8畳で、唯一の違いは壁の模様ぐらいかな・・・というところ。

ちなみに「和室」と上記二つ部屋のの違いは、ベンチソファーの有無だけな気がします。

尚、「和室」「風呂付和室」の違いは文字通りお部屋のお風呂の有無です。

ですが、温泉浴場がありますし、僕は部屋にお風呂が欲しいと思わなかったので、モダンな雰囲気の「松庵モダン」をチョイス。

僕は部屋でブログを書いたりと、パソコンの作業をするのですが、ベンチソファーに座って海を眺めながら作業できたので凄く良かったです。

screen-shot-2016-11-14-at-8-00-09-pm

また部屋の広さについてですが、嫁と二人で過ごす分には8畳で気持ち良く過ごせました。

3,4人になると10畳の方が良いかもしれませんね。

5: 食事

img_4606

この日の宿泊プランは夕食と朝食付き。

まず夕食ですが、

・刺身各種

・海老

・アワビ

・お肉

・野菜

のバーベキューということで、とっても豪華でした。

やっぱり海が近いからか、海の幸が新鮮ですね。

そして「夜食」ということでおいなりさんまで頂きました。

(おいなりはお部屋で食べるということで、ケースに入っていました)

朝食は

・サラダ

・トースト

・スクランブルエッグ

・コーヒー

というお腹に優しい内容。

前日がボリュームたっぷりだったのでちょうどよかったですし、レストランから見える海の眺めが最高でした。

img_4607

6: 温泉浴場

サウナサイトということで、ここが本編かもしれませんが

サウナも無く、温泉も熱湯とぬる湯の二種類ということで、湯に関してはそこまでガチではありません。

ですが窓から見える海の景色が絶品

癒されます。

海が見える湯どころとして僕が過去に経験したのは・・・えのスパぐらいですかね。

湘南の海も素敵ですが、館山の海はまた一味違うというか、場所によって海の雰囲気って違うんだなと思った次第。

この日はサウナ式に

湯→シャワーで水→脱衣所で給水と休憩

このサイクルを3セット繰り返して撤収。

サウナが一番好きですが、大きな括りとしてはやっぱり「湯」って最高ですね。

7: 観光

翌朝。

まず旅館のロビーから浜辺に出られるので、海を眺めながら散歩

photo-29-10-2016-9-05-47

癒されます。

そして、チェックアウト後は安房神社へ。

バスもあるようですが、本数がそんなに出ておらずタイミングが合わなかったのでタクシーで。

その道中も海が見える風景や、有名な道を運転手さんが通ってくれて、これも一つの観光となりましたね。

また安房神社は金運のパワースポットらしく、お祈りしてきました。

そして、お気づきの人もいるかもしれませんが本サイトのタイトルである「Forever Sauna」X-Japanの名曲「Forever Love」をもじったもの。

ということでそもそも館山に来た理由は観光云々もありますが、Yoshiki氏Toshi氏が館山出身だから、というのも大きかったのです。

そんな話をタクシーの運転手さんとしていたら、とっておきのスポットに連れていってくれるとのこと。

それがこちら。

img_4614

館山MJGスタジオ」はファンにもなかなか知られていないマル秘スポット。

Yoshiki氏とToshi氏が中学生から高校生に掛けて通ったスタジオの機材や、当時の彼らに関するグッズが展示されています。

中での写真の撮影は禁止されているので、展示品をここで紹介することはできないのですが、ファンならば一度は足を運んでおきたいスポットです。

ちなみに「館山MJGスタジオ」は「ひふみ養蜂園」の敷地内にあるのですが「ひふみ養蜂園」も要チェック。

screen-shot-2016-10-29-at-5-32-17-pm

はちみつ関連のグッズはもちろん、カフェも併設されており、はちみつを使った食べ物が楽しめるので「館山MJGスタジオ」を訪れる際は是非チェックしてみてください。

img_4611

8: まとめ

photo-29-10-2016-9-05-38

「いつもと違うワクワクする場所に行きたいけど、あんまり遠いとお金も掛かるし、時間もない」

そんな人向けに千葉県館山市の旅館「鳩山荘 松庵」を紹介しました。

・心癒される海

・新鮮な海の幸

・心落ち着く空間

そんなキーワードにピンときたら、ここを選んで間違いないはず。

ちなみに僕はいつも安くてお得な楽天トラベルを使っています。

また個人的に僕はX-Japanファンということで「館山MJGスタジオ」も紹介しましたが、ファンならば本当に本当に一度訪れる事をオススメします。

Yoshiki氏自身もドキュメンタリー映画「We Are X」の撮影でここを訪れており、彼の存在を直に感じられる、レアな場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

サウナ男子ケヴィン。
24歳の春にサウナと出逢い、翌年2015年11月に自身のサウナサイト”Forever Sauna”をオープン。
2016年1月には「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格を取得。
サウナの魅力を広めるべく、自身のサイトを中心にサウナ活動を行っています。