【サウナの効果・効能】ダイエットに効くって本当?

密かにブームになりつつある「サウナ」。

僕が本サイトを立ち上げた2年程前は、サウナの入り方について調べても参考になる情報があまりありませんでした。

ですが、最近では施設のレビューや、サウナの効果・効能に関する記事、ダイエットへの応用など、美容や健康を題材にするメディアで取り上げられることもしばし。

しかし、こういった情報の中で、本当のサウナファンによって発信されているものは、案外少ないのではないでしょうか。

そこで、サウナ・スパ健康アドバイザー資格を持つ私、ケヴィンの見解として、サウナの効果・効能、はたまた「ダイエットに効くのか?」という点についてお話させて頂きます!

※本投稿は私個人の見解である旨、予めご了承ください※

1: しばし謳われる5つの効能

belly-2473_1920

しばし謳われる5つのポピュラーなサウナの効能は以下5つ。

・美肌効果

・不眠解消

・体質改善(デトックス)

・ストレス解消

・ダイエット効果

汗を流すことにより、体に溜まった老廃物質など排出するというコンセプトの基、これらはサウナの効能としてよく謳われるものです。

分かりやすい話ですし、論理的にも真っ当かなと思いますが、実体験上はいかがなものか。

2: サウナに通い続けて感じる、本当のサウナの効果・効能

massage-therapy-1731456_1920

サウナに通い続けている僕が感じるサウナの効果・効能は

・「ストレス解消」

・「不眠解消」

この二点。

特に「ストレス解消」に関しては僕が唱える「サウナ瞑想論」と相まって、非常にオススメです。

これこそがサウナの最大の効果・効能であり、他の効能は後付けなのでは?と個人的には思うぐらいなのですが、「不眠解消」にも効きます。

僕は元々、不眠のトラブルは比較的少ない方なのですが、サウナに入った日は間違いなくよく眠れますね。

グッスリです。

一方で

・美肌効果

・体質改善(デトックス)

・ダイエット効果

このあたりは正直なところ、実感が薄いのが実状。

「体質改善(デトックス)」と「美肌効果」については体感しずらいというか、自分が男性ということもあるのか、判断基準が難しいところですが、個人的にはあまり期待しない方が良いのでは、と思う次第です。

というのも少なくとも「ダイエット効果」については、サウナでも太った人をしばし見かけますし、僕自身体重が増えていた時期もサウナに入っていましたが、サウナによって体重が減った経験はありません。

水分が抜ける事により、浴場を上がった瞬間は体重が減っていますが、これは一時的なもの。

僕は「急がば回れ」という諺が好きですし、サウナに入る事により体質を改善し、ダイエットしやすい体に・・・というのはアリかと思いますが、本気でダイエットしたいならばジムに通う方が良いのでは・・・というのが個人的な意見です。

3: ケヴィンが勧めるサウナの入り方

coast-1834827_1920

サウナの入り方も良く取り上げられるトピックですね。

「ストレス解消」を目的するならばオススメなのが僕の入り方で、大まかに以下の要領となります。

①体を洗い、温泉に10分程浸かります。

いくつかの種類の温泉がある施設が多いので、数分に分けて僕は入ります

②休憩

露天風呂があれば、そのエリアのベンチなどに座って外気浴が理想的ですね。

このタイミングでサウナに備えて体も拭いておきます。

③サウナ

体調やサウナの具合によりけりですが、大概1回目は6分~8分くらいですね。

2回目は8分~10分、3回目は10分~12分と、慣れていくに従って分数が長くなることが多いです。

ちなみに、サウナが何段かある場合、上段に行くほど温度が上がっていくので、1回目は下段、2回目は中段、3回目は上段という具合に、徐々に上がっていくようにしています。

④水風呂

水を汲んで汗を流し、水風呂へイン。

僕は大体1分前後入っています。

目を閉じて深呼吸・・・。

⑤休憩

サウナで火照った体を水風呂で一気に冷ますと、かなりフラフラするのでここで休憩。

露天エリアでの外気浴が理想的ですが、無ければ浴場内のイスでもOK。

目を閉じてリラックス。

このサイクルを3回~5回繰り返すのが、僕のサウナでの過ごし方です。

4: サウナの種類について

outdoor-sauna-1091866_1920

僕が今まで経験してきたサウナは主に以下の二つに分けられます。

①ドライサウナ・高温サウナ

僕が「サウナ」と呼ぶのはこのタイプのサウナです。

温度が80℃から100℃前後で、湿度の低いサウナ。

汗を流しやすく、水風呂との温度差が最も楽しめるタイプではないかと思います。

②スチームサウナ・塩サウナ

「中温サウナ」、「低温サウナ」と呼ばれる事もありますが、温度設定はおよそ60℃前後。

スチームサウナは水蒸気で室内を蒸したタイプのサウナで温度は低めなのですが、ドライサウナ・高温サウナに比べて長い時間ゆったりと入れるでしょう。

5: 「高温サウナ」と「中温・低温サウナ」の効能の違い

「高温サウナ」と「中温・低温サウナ」は人間の体にそれぞれ違った働きかけをします。

例えば「高温サウナ」は交感神経を刺激するため、眠気を飛ばし「シャキ」っとさせる効果があると言われており、ストレスの解消になるのです。

一方で「中温・低温サウナ」は副神経に作用するので、「シャキ」とするよりかはむしろ、眠気を誘うようなリラックス効果があると言われています。

これはサウナのみならず、温泉にも通じることなので

温度が高い=刺激が強くて、ストレス発散に効果的

温度が低い=刺激が弱くて、リラックスに効果的

こんな風に僕は認識して活用しています、よければ参考にしてみてください。

6: まとめ

以上、

・サウナの5つの効能

・サウナに通い続けて感じる、本当のサウナの効果・効能

・ケヴィンが勧めるサウナの入り方

・サウナの種類について

・「高温サウナ」と「中温・低温サウナ」の効能の違い

と題して、「サウナの効能・効果」をテーマにお話ししました。

僕はサウナ・スパ健康アドバイザーという資格を持っていますし、サウナ・スパには何年も通っています。

今回書いた内容は客観的な事実も織り交ぜつつ僕の見解が中心ではありますが、リアルなサウナ・スパファンの話として、参考にして頂けたら幸いです。

サウナ・スパ施設はちょっとした非日常的な、ラグジュアリーな時間を味わう事ができる場所。

仕事のことを忘れ、スマートフォンは電源をオフにしてロッカーにしまい、浴場では水が流れる音に耳を澄ませ、レストエリアではアロマの空気を深呼吸してみましょう。

そんなサウナ・スパ体験ができる、以下の施設を良かったらチェックしてみてください。

【SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア】※詳細は⬇️画像をクリック!※

【お台場 大江戸温泉物語】※詳細は⬇️画像をクリック!※

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

サウナ男子ケヴィン。
24歳の春にサウナと出逢い、翌年2015年11月に自身のサウナサイト”Forever Sauna”をオープン。
2016年1月には「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格を取得。
サウナの魅力を広めるべく、自身のサイトを中心にサウナ活動を行っています。