【生体験レビュー!】芸能人ご用達と噂の六本木サウナ『アダム&イブ』

【サウナの種類】:2
【温泉の種類】:1
【露天施設の有無】:無し
【レストランの有無】:有り
【価格】:3,990円
【アクセス】:六本木駅より徒歩10分以内
【HP】:http://adamandeve.biz/index.html
【採点】※各5点満点、合計30点満点
———-———-
サウナ&水風呂クオリティ:4点
休憩スペースクオリティ:2点
アメニティ:3点
コストパフォーマンス:1点
アクセス:3点
サウナ愛:3点
———-———-
合計:16点(54%)

皆さんこんにちは、サウナ男子のケヴィンです。

僕がこのサイトを立ち上げた頃は、ネット上ではサウナに関する情報がほとんど出回っていませんでしたが、今ではサウナ好きと公言する芸能人も現れ、メディアにしばし取り上げられるほど。

そして今回紹介するスパはその芸能人がキーワード。

少し検索しただけでオリエンタルのラジオの藤森氏TOKIOの松岡氏元巨人軍の清原氏、そんな人々が利用している(していた)という情報が出てきます・・・。

そのスパの名は「アダム&イブ」

芸能人が利用するぐらいですから、さぞかし豪華な施設なのかと思いホームページを覘くと、意外に素朴な雰囲気・・・。

しかし、金額は3,990円・・・。

謎が謎を呼びますが、これは実際に足を運んで体験せねば!と思い行ってきたので、体験レビューをお届けします。

1: 『アダム&イブ』を僕が知った経緯

(引用:http://adamandeve.biz/index.html

元々知ったキッカケはとあるサウナサイト。

オリエンタルラジオの藤森氏のインタビューが掲載されていて、彼がサウナにハマったキッカケや、彼のサウナが好きな理由など、なかなか面白い内容でした。

そして終盤で彼が「僕のホームサウナ」と呼ぶスパを紹介していて、それがアダム&イブだったのです。

サウナ好きを公言する彼が、メディアを通してオススメするぐらいですから、さぞかし良いスパなんだろうなぁと思い調べたのですが、なんだかイマイチな印象。

サウナは二つあるけど、写真はそんなにキレイじゃないし、温泉も1種類?

だけど料金を見ると3,990円。

いくら都内とはいえ、東京ドームの隣にあるスパ・ラクーアでさえ2,634円ですから、かなり割高ですよね。

でも、芸能人が利用するぐらいだから、何かすごいサービスがあるのかな・・・と思い調べてもアカスリやマッサージ以外は特に見当たらず・・・。

2: 『アダム&イブ』へのアクセス

(引用:http://adamandeve.biz/common/images/map.gif

最寄駅は六本木駅。

六本木ヒルズを過ぎ

グランドハイアットホテルを過ぎ

Hugo Boss六本木路面店を過ぎ

歩いていくと10分弱程で到着しました。

実物を見ても、写真を見たときと同じく、芸能人が利用するような煌びやかさというか、華やかさというか、そういった雰囲気はせず逆に庶民的とも言える佇まい。

早速、中へ。

3: 独特な受付からロッカーへ

(引用:http://adamandeve.biz/common/images/adam_pic_locker01.jpg

色々と独特なのですが、まずは受付に身分を記す紙が。

漫画喫茶やインターネットカフェでは利用する際に身分を控えられた事はありますが、スパでは初・・・。

とは言え、紙の記入は求められませんでしたが、名前を確認されたので、素直に「サウナ男子ケヴィンです」と答えました。

そしてロッカーへ入り、服を脱いで浴場へ。

と思いきや、一般利用客用のロッカーの隣に、リピーター用かと思われるマイロッカーがありました。

ロッカーには名前が書いてあるのですが、そこにはあんな名前やこんな名前が。

芸名を使っている人達もいると思うので、本当にその名前のあの人が利用しているのかは分かりませんが、浴場で裸で誰かと鉢合せたりするのかな、なんて思っちゃいますよね。

4: 浴場は至って普通だけど・・・

(引用:http://adamandeve.biz/common/images/adam_pic_bath01.jpg

浴場へ入ると想像していたよりも広めの空間。

洗い場の向こう側にアカスリのスペースが設けられているようだったのですが、そちらにも結構なスペースが割かれているようでした。

ということで、洗い場は10個程でしょうか。

浴場の真ん中に温泉と水風呂で二つの浴槽があります。

加えて、ドライサウナスチームサウナの部屋がそれぞれありました。

水風呂が温泉と同サイズぐらい大きかったので、ワクワク。

そんなこんなで体を洗っていると、施設のスタッフの人がずっと浴場内にいまして、何か見張られているような・・・。

多分、何らかのチェックをしたり、仕事をしていたかと思うのですが、スパ施設に結構な回数通っている人ならば、スタッフさん達の動きって大体分かると思うんですよね。

温度測ってるなーとか、掃除してるなーとか。

でも何もしているように思えなくて、ちょっと気味悪く感じました。(被害妄想でしたらすみません・・・)

ちなみに温泉は広くて、温度もアツめで、冷えがちなこの季節にとても心地良かったです。

5: 期待大のサウナへ

(引用:http://adamandeve.biz/common/images/adam_pic_drysauna01.jpg

一通りのルーティンを完了し、サウナへ。

(オススメのサウナルーティンについてはコチラをご覧ください

扉を開けると、良い意味で年季の入った、落ち着いた空間でした。

割とゆったりした作りで、10人ぐらいは座れそうな広さ。

温度計は100℃前後を指していて、なかなか攻めなサウナです。

テレビは無く、時計も無い代わりに砂時計が4個が5個程置かれていて、これも良いなぁなんて思ったり。

思い返すと、錦糸町のサウナ・ピローにも砂時計があったような。

広めの空間に、パワフルな質感で、気持ちよく汗をかけるサウナでした。

4: 水風呂は如何に

サウナでたっぷりと汗をかいた後は水風呂ですね。

しっかりと汗を流して水風呂へ入ると、なかなかの冷たさ。

40秒程数えたところで限界を感じたのでアウト。

温度計を見たら15℃あたりを指していたので、ハードなサウナファンも納得な温度設定ではないでしょうか。

なかなか広く、5人くらいは普通に入れそうなので、サウナから出て火照った状態で水風呂待ち・・・なんていう状況は起こらない気がします。

水風呂を上がった後は浴場内のイスで休憩。

5つか6つほどイスが浴場の各所に置いてあるので、ありがたいですね。

5: スチームサウナが意外にイケる!

(引用:http://adamandeve.biz/common/images/adam_pic_steamsauna01.jpg

ドライサウナを3セット行ったところで、気になるスチームサウナへ。

経験上スチームサウナは物足りないことがほとんどなので、期待せずに入ったところ、なかなかアツイ!

温度計が無かったので数字的にはなんとも言えませんが、ドライサウナファンでも普通に楽しめるのではないかと思います。

ちなみにヨモギを使ったスチームらしく

・肌の保湿

・花粉症の解消

・喘息の改善

・アレルギーの症状緩和

といった効果が見込めるとのことです。

6: 休憩室

(引用:http://adamandeve.biz/common/images/adam_pic_room01.jpg

浴場を上がった後は、館内着代わりのバスガウンを羽織って、地下の休憩室へ。

照明が暗く、バーの様なムーディな雰囲気。

スパの休憩ゾーンというよりかは、家のリビングのような作りで、テレビがあったり、ソファーがあったり、という感じ。

部屋の一角には机があり、僕はそこでちょっとお仕事。

隣にはマッサージ用のベッドが3つ程並んでいましたが、夜になると賑わうのかな、という感じ。

ちなみにアダム&イブは韓国系のようで、スタッフさんも韓国語かと思われる言葉を喋っていましたし、食堂では本格的な韓国料理が楽しめるとのことでした。(僕は残念ながらその後、食事の約束があったのでパス)

7: まとめ

芸能人御用達のサウナという事で実際に足を運んで見ましたが、サウナ自体はなかなかのクオリティ。

ただこれで3,990円はちょっと・・・というのが正直な感想ですが、実はここ、入れ墨&タトゥーもOKのようで、お客さんの半数以上は入れ墨やタトゥーが入った方々でした。

銭湯で入れ墨&タトゥーがOKという場所は聞いたことがあるのですが、本格的なサウナ施設で入れ墨&タトゥーがOKな場所は珍しいですよね。

ですので、他の施設に入れない方々から重宝されるのかな、と思ったり。

また立地的にも、住んでいる場所から近くて、気軽に利用できることから、芸能人の利用者も多いのかな、と個人的には思いました。

情報を見ているだけだと謎でしたが、実際に訪れてみて色々と面白かったです。

良ければ皆さんも是非!

それではまた。

 

PS: 日本中のスパ、サウナ施設を知りたい人にオススメなのが、この一冊。

施設の紹介だけでなく、サウナの入り方など、サウナに関するお話がたくさん詰まっているのでオススメです。

一時期はコンビニでも見かけましたが、最近では本屋さんにもなかなか売っていなくて、今ではKindle版のみとなっているようですので、良ければチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

サウナ男子ケヴィン。
24歳の春にサウナと出逢い、翌年2015年11月に自身のサウナサイト”Forever Sauna”をオープン。
2016年1月には「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格を取得。
サウナの魅力を広めるべく、自身のサイトを中心にサウナ活動を行っています。