【寝サウナ天国!?】ウェルビー栄店を突撃宿泊レポート!

【サウナの種類】:2
【温泉の種類】:4
【露天施設の有無】:無し
【レストランの有無】:有り
【価格】:一般料金=2,570円、メンバー料金=2,070円
【アクセス】:地下鉄「栄駅」から徒歩約5分
【HP】:http://www.wellbe.co.jp/
【採点】※各5点満点、合計30点満点
———-———-
サウナ&水風呂クオリティ:4点
休憩スペースクオリティ: 3点
アメニティ:3点
コストパフォーマンス:2点
アクセス:4点
サウナ愛:5点
———-———-
合計:21点(70%)

皆さん、こんにちは。

サウナ男子のケヴィンです。

先日訪れた京都のルーマプラザに続き、今回は名古屋に行く機会があったので名古屋の名店「ウェルビー」に行ってきました!

サウナ先輩達からも評価の高い店鋪だったので、前から行ってみたいと思っていたのですが、遂に訪れることができたのです。

またせっかくの遠征だったので、サウナだけでなく宿泊で楽しませて頂き、たっぷりと名古屋の名店を味わうことができたので、レポートしたいと思います。

宿泊予約はコチラから!


引用:http://trvimg.r10s.jp/share/image_up/17651/LARGE/PczIfO.jpeg?fit=inside%7C600:540

1: ウェルビー栄店はサービスメニューが豊富!

(引用:http://www.wellbe.co.jp/images/common/head_logo.jpg

泊まりがけで名古屋に滞在するスケジュールだったのですが「まぁ大丈夫だろう」と当日まで予約せずにいたところ、ウェルビーのオンライン予約ページを訪れると

「本日は満室です」という趣旨のメッシージが・・・。

やっちまったなー・・・と思いつつ、せっかくなので外観だけでも見てみようと店鋪へ。

そしてダメ元で受付に「今日はカプセル、空いてますか?」と聞くと空いているとのこと!

やった!

ちなみにウェルビー栄店では、以下3つの宿泊オプションが用意されています。

①レギュラーカプセル


(引用:http://www.wellbe.co.jp/images/shop/sakae/capsule.jpg

文字通り通常版のカプセルですが、テレビやラジオなどの設備があるとのこと。

出入り口はロールカーテンで仕切ることができるので、プライベート面でも安心です。

②健やかカプセル


(引用:http://www.wellbe.co.jp/images/shop/sakae/sukoyaka.jpg

そして二つ目は畳にお布団が敷かれた珍しい仕様のカプセル。

畳独特のい草の香りや、フカフカとした羽毛布団が楽しめるとのこと。

テレビやラジオといった設備はレギュラーカプセルと同じですが、「和」なカプセルなので外国人旅行客にウケが良いかもしれませんね。

③Plusカプセル

(引用:http://www.wellbe.co.jp/images/shop/sakae/pluscapsul.jpg

僕が泊まったのがこちらの「Plusカプセル」。

レギュラーカプセルの設備に加え、カプセル内にパソコンが備わっておりインターネットやシネマチャンネルを視聴することが可能です。

またマットレスはTempur製の物が使用されており、寝心地も快適。

ちなみに宿泊料金は4,760円でした。

他にも更に上級の「プレミアムルーム」や、「2時間のサウナコース+昼食or夕食」というセットコースなど、サービスメニューが豊富なのも、ウェルビー栄店の魅力かもしれません。

2: ウェルビーのサウナはとにかく「寝られる!」


(引用:http://www.wellbe.co.jp/images/shop/sakae/service_saunayoga.jpg

前も程々に早速サウナのレポートですが、タイトルにもある通り、とにかく「寝られる!」というのがビックリした点。

ウェルビー栄店には以下2種類のサウナがあるのですが、両方ともごろんと仰向けなれる、ベッド的なシートが完備されています。

①フィンランドサウナ


(引用:http://www.wellbe.co.jp/images/shop/sakae/finland.jpg

浴場に入るとすぐ右手にドアがある「フィンランドサウナ」

入るとビックリ、広い!

上記の写真を見ると分かるかもしれませんが、かなりの人数が収容可能な広いサウナです。

そして残念ながら写真だと分かりにくいのですが、写真の右側で切れているのが仰向けになれるベッドシート。

3人から5人分くらいあったので、ここだけでもかなりゆっくりできるスペースですね。

このスペース以外もかなり広めに取られているので、割とどこでも横たわれる感じで、ノンビリと過ごさせて頂きました。

ちなみに温度計を見ると温度は100度近く、体感の湿度はかなり低めでカラカラ系サウナの印象。

また、気のせいかもしれませんがすきま風というか、ところどころスゥーっとする場所があったのが少々気になりましたが、広くて気持よく汗が流せるサウナでした。

②森のサウナ


(引用:http://www.wellbe.co.jp/images/shop/sakae/morinosauna.jpg

個人的にテンションが最も上がったのがこの「森のサウナ」

「湖畔のほとりのサウナ小屋」

「まるで森の中に居るような癒しと安らぎの空間」

そんなテーマが掲げられている森のサウナですが、フィンランドサウナとは打って変わり、恐らく収容人数は5人前後のコンパクトな作り。

またこのコンパクトさが良いのですが、テレビも無く、照明も暗くて、ゆったりと静かに過ごすことができるサウナです。

フィンランドサウナのように広くて、テレビがあって、ゆったりしつつ楽しく過ごせるサウナも好きですが、

こうして自分の世界に入れるサウナも好きです。

ちなみにこの森のサウナも入って左側にベッド席があり、寝サウナが可能。

たっぷり楽しませて頂きました。

ちなみにセルフロウリュウが可能なので、サウナストーンに「プシュー」と一かけしてみてはいかが。

3: 水風呂へ突撃!

水風呂は浴場に入ってすぐ左側にある円形上の浴槽。

池袋のレスタなんかもこの形だった気がしますね。

温度計が無かったので温度は不明ですが、30秒程で出ないとシンドクなったので体感的には15℃前後な感じ。

かなりガッツリ目な水風呂です。

やはりハードなサウナファンも多いことでしょうから、本格仕様!

2種類のサウナが両方とも高温度なので、火照った身体を一気に冷ましてくれるこの水風呂はありがたいですね。

4: 浴場その他のレポート

お風呂系も充実しているのがウェルビー栄店。

-浴槽の底から出る泡の刺激が気持イイ「バイブラバス」


引用:http://www.wellbe.co.jp/images/shop/sakae/baibura.jpg

-水深が1mと深めで、足裏、腰、背中、肩などのマッサージが可能な「ジェットバス」


引用:http://www.wellbe.co.jp/images/shop/sakae/jeto.jpg

-個人的に一番テンションが上がった、全面に備長炭があしらわれた「炭風呂」


引用:http://www.wellbe.co.jp/images/shop/sakae/sumifuro.jpg

などなど。

また、「森のサウナ」の出入り口にはイスデッキチェアが置かれているので、セッション間の休憩もバッチシ。

5: まとめ

名店との呼び名が高いだけあり、本格仕様のサウナがたまらない素敵なウェルビー栄店でした。

ちなみに宿泊の場合は朝食が無料でして、豊富なメニューのバイキングがたっぷり食べ放題。

引用:http://www.wellbe.co.jp/event/tyosyoku/images/tyoshoku_01.jpg

朝からビールを飲んでいる人もいたけど、ビールもメニューに含まれているのだろうか・・・。

他にもWiFiが完備されていたり、クリーニングの対応をしていたりと、サービスが充実しているので、カプセルとはいえ、ビジネスホテルとこちらだったら、間違いなくこちらを選びたいですね。

名古屋在住な方はもちろん、僕の様に名古屋に用事がある方は是非、訪れてみてください!

宿泊予約はコチラから!


引用:http://trvimg.r10s.jp/share/image_up/17651/LARGE/PczIfO.jpeg?fit=inside%7C600:540

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

サウナ男子ケヴィン。
24歳の春にサウナと出逢い、翌年2015年11月に自身のサウナサイト”Forever Sauna”をオープン。
2016年1月には「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格を取得。
サウナの魅力を広めるべく、自身のサイトを中心にサウナ活動を行っています。